1. HOME
  2. サーフィンライフ
  3. フィッシュボードでサーフィンライフを10倍楽しむ。
サーフィンライフ

フィッシュボードでサーフィンライフを10倍楽しむ。

サーフィンライフ

1455

今やどこのサーフィンポイントに行っても目にするフィッシュボード。

流行?

スタイリッシュ?

乗りやすいから?

日本のパワーのない波に適してるから?

どれも正解なんではないでしょうか。

そして、物凄い勢いで、進化しています!

実際僕も、ロブ・マチャドがシェイプデザインしたFIREWIREサーフボードのGo  fishというモデルを購入してから、どっぷりとフィッシュボードにハマっちゃいました。笑

実は10数年程前に一度、カリフォルニア・サンディエゴ系のレトロフィッシュ5‘6“を購入したのですが、まあ、レールを入れるのが難しく、全く乗りこなせずに、たったの1ヶ月足らずで手放してしまいました。笑

今考えると、フィッシュボード(レトロフィッシュ)自体は乗り方の概念を変えて乗らないと中級者レベルでは乗りこなすのが難しいボードです。

特にパフォーマンス系のショートボードをメインに乗ってた僕がいきなり、ローロッカーに分厚いレール、高浮力のボードに乗っても扱いきれませんでした…

そんな、過去に失敗した経験を踏まえたうえで、今ハマっているフィッシュボードの魅力を、ファイヤーワイヤーのシェイパー兼ライダーのロブ・マチャド本人のライディング動画と僕(身長175cm/体重68kg)の実際に乗ったインプレッションを合わせてお届けしたいと思います。

まずは、フィッシュボードにハマったきっかけになったボード。

 

FIREWIRE SURFBOARDS

GO FISH  5’5″

 

このボードは僕の持っていたフィッシュボードの概念を良い意味で裏切ってくれました。笑

もちろん、フィッシュボードの良いところでもあるテイクオフの速さや安定感、スピード感を持ちつつ、パフォーマンス性能も兼ね備えたハイブリットフィッシュボードだったんです。

伝統的なフィッシュボードに敬意をはらいつつも、ノーズ幅やテール幅をシャープにしたり、テールの厚み、テールロッカーのバランスを現代的にデザインする事で、非常にパフォーマンス性に優れたフィッシュボードに仕上がっています。

ボトムデザインもセンターに深いチャンネルが入っていて、スピードがつきやすく、スピードがつくと更にリフトされた感覚でコントロールがスムーズになります。

本当に波のハイラインを使った横走りが気持ちよく、スケーティーでルースでした。

また、テールが薄いので、パフォーマンスボードの様にしっかりとテールが踏めるのが従来のフィッシュボードとの大きな違いかなと感じました。

そして、フィッシュボードの魅力にハマり始めている時に、次に購入したのボードもロブ・マチャドが次にデザインしたボードでした。

 

FIREWIRE SURFBOARDS

 SEASIDE  5’4″

 

このボードは、ロブ自身がお気に入りのGo fishを更に進化させる為に、もっと高性能で、もっとディープなカーヴィング、もっとタイトなターンといった事を感じたいと思わせるようになり、Go fishのスワローテールの先端の幅を狭めてテールエリアを小さくしています。

ただでさえ、パフォーマンス系フィッシュボードのGo fishをよりパフォーマンス系にデザインすると、ただのハイパフォーマンスボードじゃないの??

という声が聞こえてきそうですが、そこはちゃんとフィッシュボードの特性を120%!!

いや、それ以上継承しています!

その秘密はまず、テクノロジーをLFT構造からHELIUM構造に変更しています。

分かりやすくいうと、センターにストリンガーフォームが入らず、ノーストリンガー状態の構造で、反発が強く小波に強い構造になっているので、よりパワーの無い波でも、ぐんぐん加速していくイメージです。

そして、ボトムデザインも深いチャンネルをアップデートし、センターの厚みを増す事で、安定感やテイクオフスピードの速さをキープしているのです!

僕は、このボードに乗った瞬間に、やっぱりロブ・マチャド は、サーフィンのライディングだけではなく、サーフボードのシェイプデザインに関しても「天才肌」なんだなと思いました!

もうここまできたら、フィッシュボードの魅力にハマりまくり、波に乗る本数も増え、サーフィンライフを10倍楽しんでいる状態なんですが、またまた、あのロブ・マチャドとFIREWIREサーフボードが、新たな大人のおもちゃをリリースしちゃったのです。

もう、そりゃ買っちゃいましたよ。

 

FIREWIRE SURFBOARDS

SEASIDE&Beyond 6’8″

こちらのボードもロブ・マチャド自身が、ずっと作りたかったデザインで、フィッシュボードのミッドレングス版です!

ロブと交友の深いスキップ・フライとの波乗りからインスピレーションを受け、長年のデザイン変更を繰り返して完成したものなので、間違い無いです。

圧倒的なテイクオフの速さ、長さからは考えられない様な小さなターンも可能だし、小さな波でも、大きな波でも、いつでもサーフィンを楽しませてくれる1本です!

ミッドレングスの魅力について書いた記事でも紹介したのですが、ミッドレングスの特性を持ったフィッシュボードで、また新たなサーフィンの境地を切り開いてくれました。笑

今は3本のフィッシュボードを気分で色々と乗り換えていますが、フィッシュボードに巡り合って、サーフィンライフが10倍どころか、100倍楽しくなったんじゃないかと思います!

まだフィッシュボードを自身のクイーバーに加えてない方は、是非試してみて下さい!

サーフィンライフがより、楽しいものになりますよ!